• 2017.01.28

不動産仲介業者の選び方は?

あなたが中古の建物を売買するとしたとき、通常は不動産の仲介業者に依頼することになると思います。仲介手数料はかかりますが、素人同士の取引で生じるリスクを回避することができます。その場合、どんな不動産業者に依頼すればよいのか、不動産業者をいかに選定するかが大事なポイントになります。不動産の仲介業者は大きく以下の5つに分けることができます。

1.分譲会社系の仲介業者

2.財閥系・大手の仲介業者

3.マンションに特化した仲介業者

4.地域に密着した地元の仲介業者(ジョイホームはここに該当します。

5.不動産の売却に特化した仲介業者

もちろん一長一短はありますが、それぞれ強みを持っていることが特徴です。しかしながら、不動産業者を選ぶ際の留意点・心構えとしては、おおよそ以下の2点が挙げられることが多いようです。

1.会社名だけで選ばない

依頼する相手は不動産会社というよりも、実質的には個々の営業マンです。たしかに会社自体の規模なども多少の影響はあるかと思いますが、上手に取引が進むかどうかは担当する営業マンの能力次第です。

2.営業マンにはノルマがある

営業マンには会社から与えられているノルマ(仲介手数料の収入目標)があります。そのノルマ達成に向けて、つまり、仲介手数料の目標額を達成するために仕事をすることが営業マンの最大の関心ごとであるがゆえに、時として、顧客の利益よりもそちらを優先して動く場合もあるでしょう。

その他、宅地建物取引士の資格を持っているか、分からないことは正直に分からないと言っているか、メールに誤字脱字が多くないか、デメリット情報を隠していないか等が営業マンを見極めるコツ、すなわち、良い不動産仲介業者と言えるのではないでしょうか。

熊本の不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。


無料オンライン査定

無料オンライン査定