• 2017.05.11

家を売るということ

家を売る場合、昨今ではインターネットで「一括査定」を行うサイトを検索するとメール一つで複数の不動産会社を比較検討することができるようになりました。そこで問題となるのは「その中でどの業者を選ぶか?」ということです。

大事なのは一番高く家が売れると査定した会社よりも、より親身になって話を聞いてくれる会社を選ぶことです。なぜなら思い入れのある我が家ですから、高く売ろうとするよりも、あなたが納得のいく形で家を売却することが大切だからです。

長年住み続けてきた家を売ろうとする場合、自分がまだ住んでいる状態で不動産会社に問い合わせを行い、売却活動を進めることができます。まさに今、住んでいるところを、内覧希望者に見てもらうのです。

家を売る場合、必ずしも次の人がすぐに住めるように綺麗にしておく必要はないのですが、住んでいるままを見せれば良いというものではなく、やはり「清潔感」は必要です。

家を売ろうと思ったら、まずは不動産会社の担当者に部屋を見てもらうことです。そして担当者とよく打ち合わせをします。ジョイホームは、たくさんの不動産売買を手掛けてきましたので、家を見ればどうしたら売りやすいかは一目で判ります。

また、掃除にしっかりと力を入れて特に綺麗にしておきたいのは、やはり水回りです。水回りには生活感がにじみ出やすいので掃除で取れる汚れは最低限、綺麗にしておきましょう。

内覧時には、少しでも明るく見えるように家中の電気をつけて案内します。日当たりを見てもらうために、時々、電気を消したりつけたりして見せることもあります。

何といっても家を売るときに一番大事なのは、やはりお客様と不動産会社の信頼関係です。より安心して任せられる担当者を見つけるようにしましょう。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/

お問合せ:http://fudousatei.com/contact/


無料オンライン査定

無料オンライン査定