• 2017.05.09

信頼できる営業担当者を見極めるポイントとは?

不動産会社としてサービスが充実していて売却の実績があっても、結局は営業担当者次第というのは実際問題としてありますので、以下にポイントを紹介します。

売り急がさずに適切なタイミングでアドバイスをくれるか?

営業担当者は会社から売上ノルマが与えられているはずなので、「とにかく数を売って売り上げを上げなければ」という考えになりがちです。明らかな根拠を基に顧客目線で考えて売るタイミングを提案できる営業担当者であれば安心と言えるでしょう。

瑕疵保険、インスペクション、住宅履歴に関する知識を持っているか?

これらの知識が営業担当者にないと、せっかくの高く売れる物件も高く売れなくなってしまう可能性があります。

物件調査や連絡に対する対応が早いか?

売却はタイミングが命です。あらゆる調査を事前にしておき的確に情報提供できる状態にしておく必要がありますし、購入希望者からの問い合わせに速やかに答える担当者でなければタイミングを逃してしまいます。査定を依頼した段階から速やかな対応ができる営業担当者かどうかをチェックするようにしましょう。

基本的な税金の知識があるか?

税制を知らなかったために、買い主に対して税金面での有利な情報を伝えられなかったり、売る時に役立つ仕組みを使えなかったりする可能性があります。仮に知識が十分でなかったとしても、すぐに調べるといった対応はして欲しいところです。

賃貸に出すなど、売却以外の提案もできるか?

大事なのは両方のケースをを比較して検討することです。賃貸に出した場合はどうなるか収支シミュレーションを出してもらい、比較検討してみると良いでしょう。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/

お問合せ:http://fudousatei.com/contact/


無料オンライン査定

無料オンライン査定