• 2017.03.29

リフォームをしてから売れば高く売れる?

リフォームをしたほうが良いケースとして考えられるのは、室内の見た目があまりにも悪い場合です。

例えばペットを飼っているなどして壁クロスがボロボロだと見た目の印象が悪く、それだけで内覧者に嫌悪感を抱かせてしまう可能性があるので、クロスだけを新しくして他はルームクリーニングする。それだけで見栄えがかなり良くなりイメージはアップします。

ただ、せっかくリフォーム販売しても、リフォーム代金分の価格アップが見込めるとは限りません。つまり、実際にはやってみなければ分からないことの方が多いのです。ですので、あまり大掛かりなリフォームはオススメしません。

リフォーム資金がない場合、不動産会社によっては売却代金で精算する前提で立て替えてくれるサービスを提供してるところもあります。しかし、そのようなサービスを利用するにしても、50万~100万円程度までの費用でできる範囲にとどめた方が現実的です。あるいは、必要なリフォームについては、リフォーム会社から見積書を取っておくだけでも良いでしょう。

リフォーム費用がいくらかかるかは、内覧に来た人も気になるポイントです。リフォーム代相当額を値引きして欲しいと言われる可能性は高いですから、その辺も踏まえ、戦略的に売り出し価格を設定するということもできます。

また、内覧時に正確なリフォーム費用を見せられれば、購入へ向けた具体的なイメージを持ってもらいやすくなります。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定