• 2017.03.24

高値で売却するためにこれだけは聞いておこう

不動産会社に査定を依頼すると、売却のためにいろいろなことをヒアリングされますが、お客様自身からも積極的に質問していくべきでしょう。その際に、これだけは聞いておいた方が良いと思われる質問を以下に紹介します。

「瑕疵保険」、「インスペクション」、「住宅履歴」に対するサービスがあるのか?もし、なかったとしても知識は持っていて対応してくれるのか?を確認してください。ここが高値で売却するための肝になります。

「両手取引にこだわらずに売ってもらえるか?」中古物件の取引があまり多くない理由に、手数料収入の低さがあげられます。新築物件の場合は、売り主(建築会社)と買い主の双方から手数料をもらうことができますが、中古物件の場合はそうとは限らず、片手取引になってしまうことが多いのです。手数料収入が少ないということは、営業担当者の歩合給も少ないということ。それでも両手取引にこだわらず頑張ってくれるとしたら、顧客視点に立ったとても頼りになる営業担当者と言えるでしょう。

営業担当者には、「両手取引にこだわらずに売ってもらえますか?」とか「あなたの会社は『分かれ(片手取引)』を良しとしていますか?」などと正面から聞いてみてください。少なくとも自分は都合の良いだけの売り主ではないということを営業担当者に分からせることができますし、その後も緊張感を持った販売活動をしてもらえるのではないかと思います。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定