• 2017.03.21

賃貸に出すことのメリットとデメリット

不動産を売却せずに、賃貸に出すことを考える人は多くいます。そのため、賃貸に出して後悔することがないように、メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう。

《賃貸のメリット》

家賃収入が得られる

最大のメリットは家賃が毎月入ってくるということです。貸す物件が分譲マンションや土地付き戸建て住宅なら、一般の賃貸専用につくられた住宅と比べて人気があるので、賃料を高めに設定することができます。また、ファミリー向けの間取りの物件は入退去のサイクルが比較的長いので、安定した経営をできるというメリットもあります。

節税になる

自分の物件を賃貸に出すことで、所有するためにかかっていた費用を経費として計上することができます。経費の分だけ所得を圧縮できるので節税になります。

戻る家がある

今は空き家になっていても、いずれ住む可能性があるのであれば、一時的に賃貸に出すというのは魅力的な選択肢です。例えば親が介護施設に入ってしまい自宅に帰るめどが立たない場合、売って介護資金に充てるという考え方もありますが、一時的に賃貸に出す方法なら売却せずに済みますし、戻る家があるという事実は親にとっても希望になります。

《賃貸のデメリット》

空室

所有物件を貸しに出そうとしている場合には、物件のあるエリアの空室率がどれくらいなのか、賃貸需要はあるのかなどを不動産会社に確認してみる必要があります。

家賃の下落

都心の好立地な物件は別として、これからは家賃が上がっていく要素はほとんどないと言えるでしょう。そのため、もし賃貸に出すなら「家賃は下落するもの」という意識で臨まなければなりません。

思いがけない出費

家賃収入がそのまま利益になるわけではありません。不動産管理会社に払う管理委託費、修繕費、火災保険、固定資産税など、賃貸経営にはさまざまな費用がかかります。

収支計画を立てた上で、投資効率や手間など総合的に考えて自分が住まない場合は「賃貸に出す」、「売る」あるいは「空き家のまま維持管理する」かを判断するようにしましょう。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定