• 2017.03.18

意外と難しい「住み替え」時の高値売却

住み替えを考える場合、現在の家の住宅ローンもまだ残っていて、新たに買う家も住宅ローンでというケースがほとんどですが、資金計画の立て方が難しくなるため住み替えというのは意外と難しいものです。

したがって現実的には、現在の自宅の売却によって元の住宅ローンを返済した後に住み替え先の住宅ローンを組み直すか、元の住宅ローンの返済と住み替え先の住宅ローンの契約を同時に行なう、というケースがほとんどです。

しかし、自宅の売りと新居の買いを同時進行していく中で、買いたい家が先に見つかってしまい、今の家を大至急売らなければならなくなり妥協した価格で売ってしまう、というケースも多いのです。また、買い主が見つからずに買い取り業者に相場価格より大幅に安い価格で下取りされるということも大いにあります。つまり、新居探しを優先した場合、自宅の売却時の価格が犠牲になってしまいかねないのです。

逆に売りを妥協せずに販売活動を行い、売却が決まったら急いで新しい家を探す(決める)というケースもあります。そのような場合、一般的には、売買契約をしてから自宅を引き渡すまでに長くても3ヶ月間の猶予しかありません。現在の住まいが売れたら売れたで、短期間で新しい家を探して引越しできる態勢を整えなくてはならないのです。

いずれにせよ、納得のいく住み替えを実現するには、売りも買いも妥協しないことが原則ではあるものの、一挙両得というのはなかなか難しいというのが現実のようです。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定