• 2017.03.15

不動産投資ローンについて

不動産投資を考える場合、不動産投資ローンを活用しての運用となる場合が多いでしょう。不動産投資は収益物件と不動産投資ローンが合わさって「商品」になっているともいえます。この不動産ローン、すなわち金融機関からの融資ですが、アパートの融資(建築)とワンルームマンションの融資(購入)とでは少し異なる面があります。

アパートを建築しての不動産投資だと、土地の価値と事業計画の精度をみて融資の申し込みに対しどれだけの評価を出すべきか判断されます。一方、ワンルームマンションの場合は、収益還元法により融資額が決まり、以下の計算式により融資額を求めます。

収益価格=純利益(年間収益ー諸経費)÷ 還元利回り

ワンルームマンションの収益性は立地(エリア)に左右されるため、立地に関しては金融機関が指定している場合があります。そのエリア内で融資が受けられるというのであれば、その物件は合格点だといえるでしょう。なお、金融機関によって重視しているポイントが異なる場合があるので、事前に融資を受ける金融機関の基準を把握しておきたいところです。

なお、ワンルームマンション投資が成り立つ条件として、立地的には駅から3分以内(地下鉄のあるエリア)、設備的にはバスとトイレが別で床はフローリング、エアコン付きなどが挙げられます。また、ビジネスホテルになり得るエリアかどうかという視点で立地を検討するのも良いでしょう。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定