• 2017.03.14

不動産投資のデメリットについて

不動産投資も一つの事業ですのでメリットがある反面、デメリットもあります。投資物件を取得する費用もありますが、それ以外にも以下のような点について留意が必要となります。

1.簡単に損切り(売却など)ができない

例えば株式投資を例にとると、潮時と判断したら比較的簡単に処分することができますが、不動産はそういう訳にはいきません。不動産を処分するにあたり不動産会社への仲介手数料などの費用がかかるため、仮に1千万円で購入した不動産を購入価格と同額の1千万円で売却できたとしても費用分は赤字になります。

2.空室リスク

賃貸物件の家賃は、一般に建築年数が経過するに従い徐々に値下がりしていきます。また、経年に伴う建物劣化や住宅設備の陳腐化などもあり、なかなか空室が埋まらないことも想定されます。住宅設備の陳腐化の例としては、3点ユニット(ユニットバス)が敬遠されはじめた。などがあります。

3.金利上昇リスク

金融機関の融資を受けて賃貸物件を購入している場合、金利上昇のリスクも考えられます。金利が上昇すれば当然ながら月々の返済額も上昇します。

4.新築ワンルームマンションのリスク

新築ワンルームマンションに投資する場合、メリットがある人は限られてきます。新築ワンルームマンションでの収支は、もともとプラス設計になっていないケースが多いため、節税対策に使えるというのがメリットです。そのため、かなり高収入向けの「節税」のための投資ともいえるでしょう。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定