• 2017.03.13

不動産投資によるメリット

「不動産投資から利益を上げる方法」で紹介したとおり、昨今の不動産投資はいわゆる「投資用不動産」「収益用不動産」を取得して家賃収入などのインカムゲインを得るものが主流となっています。その投資スタイルにより以下のような分類をすることもできます。

1.中古マンション、ワンルームマンション(区分所有)への投資

2.中古戸建て住宅への投資

3.木造アパート(一棟)への投資

4.新築マンションルームへの投資

5.投資用不動産の新築への投資

不動産投資をする目的は人さまざまですが、最近は「本業以外で安定した収入を手に入れたい」というサイドビジネスや「将来の年金不安に備えたい」というケースが多いようです。収益用不動産を取得するまでの手間はありますが、後はあまり手間がかからないというのも魅力の一つです。

不動産投資というと、今までは地主の相続対策などで、広い敷地に賃貸物件を建てるというようなイメージがありました。地主側にしてみれば更地を相続させるよりも、その土地の上に賃貸物件を建ててそれを相続するほうが相続税が安くなるからです。

これに対し、昨今では「賃貸物件を取得して家賃収入で稼ぐ」ということを主眼においた不動産投資が人気のようです。中古のワンルーム物件など、いわゆるサラリーマン向けの投資物件も多く流通するようになりました。こうした情勢に合わせて収益性に優れたさまざまな投資物件が開発されています。

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定