• 2017.03.12

不動産投資から利益を上げる方法

《キャピタルゲイン・インカムゲイン》

投資から利益を上げる方法として「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」があります。キャピタルゲインとは、不動産の売買差益により利益を得ることをいいます。いわば、不動産価格の値上がり待ちを狙う手法です。ただし、バブルの現代とは違い、現代では主流とは言えないようです。なお、売買によって発生した損失のことをキャピタルロスといいます。

一方、インカムゲインとは、不動産を有することで利益を得る方法で、家賃などによる運用収益があります。昨今の「不動産投資」というと、このインカムゲインによる不動産運用を言うことが多いようです。それぞれの特徴を以下に記します。

《キャピタルゲインのメリット・デメリット》

・資産を売買することで利益が発生する。

・売買による利益を確実に狙えるものではない。

・大きなリターンは期待できるが、その分リスクも大きい。

・不動産の売却につき、短期譲渡だと税負担が大きい。

・経済状況によりキャピタルロスとなる場合もある。

《インカムゲインのメリット・デメリット》

・資産を保有しているだけで収入が入ってくる。

・定期的な収入源となりうる。

・キャピタルゲインと比べて、得られる収入は少額となる。

・キャピタルゲインと比べて、安全性が高い投資といえる。

※キャピタル・・・資本、資産、手元、元金という意味

 インカム・・・収入という意味

不動産でご相談やご不明な点がございましたら、ジョイホーム(096-288-0611)まで、ぜひ、お気軽にお問合せください。

無料査定:http://fudousatei.com/free/


無料オンライン査定

無料オンライン査定